人探し・行方・家出人捜査調査(家出所在調査)

人探し・行方・家出人捜査調査(家出所在調査)

人探し・行方・家出人捜査調査(家出所在調査)

人探し・行方・家出人捜査調査(家出所在調査)は、失踪してしまった家族の捜索や連絡が取れなくなった家族・友人・知人などと連絡が取りたいといった場合にご利用いただく探偵調査です。家出人の所在を確認したり、音信不通になってしまった方の連絡先を調査します。

未成年を中心とした家出などの失踪者の捜索はもちろん、転居・連絡先変更などで連絡が取れずにいる友人知人を対象とした調査もご依頼可能です。

「家出した息子や娘を探し出して欲しい」といった場合ももちろんのこと、旧友、初恋の人、恩師など、お世話になった方を探したい、あの時以来、何年前も会ってないあの人は今どうしているだろう・・・といった方の行方の調査もご依頼を受け付けております。

家出の理由と実態

家出の理由と実態

中学生や高校生などの思春期の時期に家出をすることが多いです。

両親への反発心や自立心・自我の芽生えから家出をしたい衝動に駆られることが一般的です。

家出の理由はさまざまですが、その中のトップ3は、1位:「友達等と遊びたい」、2位:「親(家庭)がうるさいから」、3位:「恋人と一緒にいたいから」となっています。又、妻が家出をする上で一番深刻な理由が浮気による家出です。

浮気をしていることが夫に発覚して家を出るケースと、浮気をしていることがバレて、夫がいない際に家を出るケースに大きく分類されます。

浮気が発覚している場合は男性の方も心づもりができているので、それほど驚くことはありません。一方、妻の浮気に気付かずに突然家を出て行った際には、家出をする理由が全然わからずに途方に暮れてしまうことがあります。

家族の家出人捜査・想い出の人探し・トラブル等の特定の人探し

家族の家出人捜査・想い出の人探し・トラブル等の特定の人探し

探偵事務所に人探し調査を依頼する人は、家出した家族を探したい、連絡が取れない昔の友人を探したい、と様々な理由で人探し・家出の人探しの調査を依頼されます。

可能な限り行方がわからなくなった人の情報を整理して、人探し調査を依頼する探偵に相談をしてください。

情報量が多く、情報の整合性が高いと、行方不明者を発見できる可能性は高くなり、ついでに探偵調査にかかる料金も安くなる可能性があります。

まずは、人探し調査にどんな情報が必要なのか探偵に問い合わせをすることからはじめてみてはいかがでしょうか。

統計に見る「時間の経過」と「行方不明者の捜索の難易度」

全国統計での平成28年には83,865人の行方不明者が発見されていますが
「1週間以内にその約70%」である61,780人の行方不明者が
発見されたことが警視庁のデータで公表されています。

さらに行方不明から8日~14日の間に発見された人数は3,213人ですが、
1週間以内に比べたら極端に低くなっているのがわかります。

このデータから、行方不明者を見けるためにはどれだけ早く行動を起こすかが重要であり、「1週間以上経つと捜索は難しくなる」ということが言えると思います。

WEBサービスで人探しをする方法

WEBサービスで人探しをする方法

インターネットが普及して、ネットを利用しない人はほぼいない時代です。
このインターネットを使って行方がわからない人を探すことができます。

行方がわからない人を探すのに、まず見る場所がTwitterやFacebookなどのSNSです。
探している人がSNSを利用していることがわかっていれば、その人のアカウントから本人に連絡が取れる可能性があります。

また、SNSの更新履歴を見れば、その人の安否確認にも使えたりと、人探しにSNSは大変便利です。

SNS以外のWEBサービスには、相手の位置情報を調べることができる位置情報追跡サービスが付いたアプリケーションやネットで広く情報の拡散や情報提供を求めて掲示板への書き込みなどがあります。

探偵社は独自が持っているルートから情報を集めて人探しを行ないます。

行方不明者はもしかすると他県に移動している可能性もあるので、全国に共有している探偵社を選ぶほうが見つかる可能性は高くなります。

行方不明者を見つけるには一刻も早く捜索を行なわなければいけませんが、
行方不明届けが「特異行方不明者」として受理されるか「一般家出人」として受理されるかで、警察の捜査方法は大きく変わります。

【家出所在調査】探偵調査概要

家出調査若者の家出が増える中で、家出はそれほど重要視されない傾向がありますが、一歩間違えば大きな事件に巻き込まれるケースがあります。
家出の原因は、警察庁発表によると、家庭関係、疾病関係、事業・職業関係、異性関係、学業関係、犯罪関係、その他、不詳など様々ですが、心配するご家族の皆様が、家出から事件に発展する前に一刻も早く見つけてあげることが大変重要なことになります。

そんな大切なご家族の家出の行方を調査いたします。

また、旧友、初恋の人、恩師など、お世話になった方を探したい、あの時以来、何年前も会ってないあの人は今どうしているだろう・・・といった方の行方を調査します。

調査の事例

失踪してしまった家族に会いたい、音信不通になってしまった家族と連絡がとりたい、など、会いたいのに所在がわからない、行方を調査いたします。

相談事例
沼津市在住:
子供2人を持つ夫婦
依頼者は27歳の息子をもつ両親です。息子は半年ほどまえから仕事のことで悩み、「疲れた」「死にたい」などと話していたという。最近は勤めにも出ず、家に籠もるようになっていた。その後、息子は遺書を残し、失踪したため、息子の身を案じた両親は警察に捜索願を提出するとともに、弊社へ訪れた。
結果 本人の部屋を中心にくまなく調査を進めると、完全自殺マニュアル本が発見され、その中の富士樹海のページに折り曲げられた跡を確認した。その後、地元警察に了解をとり、富士樹海内の捜査を開始。数日間続けられた後、本人らしき人物を発見。無事保護された。

人探し・行方・家出人捜査調査の料金表—成功報酬方式—

調査期間は依頼人の情報源によって異なります。
最小期限7日間~30日期間が一般的な調査となりますが、ご相談の上、その場でお見積もりさせて頂きます。
下記の調査料は難易度により異なります。(お気軽にお問い合わせください。)

プラン 調査期間 基本調査料金(税込み) 成功報酬
難易度A 7日~10日間 基本料金 ¥88,000 成功報酬 ¥48,000(税込)
難易度B 10日~15日間 基本料金 ¥165,000 成功報酬 ¥100,000(税込)
難易度C 基本料金 ¥275,000 成功報酬 ¥150,000(税込)
難易度D 基本料金 ¥440,000 成功報酬 ¥300,000(税込)

※基本料金の価格表記は、全て税込で表示されています。

□基本料金とは、稼働日数に係る調査の諸経費等の引当金です。
※従って万が一、調査が判明に至らない場合でも基本料金は返金は出来ませんのでご承知ください。
又、対象人物が判明した場合は、成功報酬金が発生します。

□調査対象者、家出人、又借金返済(債務者)故意で逃げている者探索はCランク以上となるケースがほとんどです。

□旧友、同級生、転居先、連絡取れなくなり、分からなくなってしまったケースではA,又はBランクに該当します。

メールお問い合わせ
0120253237