盗聴器・盗撮発見調査

盗聴器・盗撮発見調査

盗聴器・盗撮発見調査

盗聴器・盗撮発見調査は、プロの探偵調査員があなたのご自宅や職場に赴き、専用の高性能機器を使用して「盗聴器」や「盗撮用カメラ」が設置されていないかを調査します。

簡単に手に入る盗聴器や盗撮器

盗聴器や盗撮器はインターネットや街中のお店などで簡単に手に入る商品で、年間で40万台以上も販売されているというデータがあります。

最近では盗聴器や盗撮器が家庭に設置されているケースを特集しているテレビ番組も放送されています。油断のできない世の中に・・・

「盗聴や盗撮をされているかもしれない…」

「家に盗聴器や盗撮器が設置されているかもしれない…」

そうしたことはもはや他人事ではありません。

盗聴器・盗撮とは? 種類と対策

盗聴について知らない人は多く、どのように盗聴が行われ、盗聴の危険がどれだけあるのか正しく認識している人は少ないと思います。

近年では、盗聴・盗撮の手法も巧妙になり、使われる盗聴器の種類も増えています。

盗聴を予防するためには、どんな盗聴器が使われているのか知ることは大切です

そこで、今回は盗聴器の種類にはどんな物があるのか、その種類ごとの特徴について解説をして、盗聴の予防に役立つ情報をご紹介したいと思います。

一口に盗聴器とは言っても様々な種類があります。

盗聴器の種類によって予防方法や発見方法も違うため、盗聴器の種類を知ることは大切です。

知られている盗聴器の種類

  • アナログ式盗聴器
  • デジタル式盗聴器
  • 録音式盗聴器
  • 有線式盗聴器
  • リモコン式盗聴器
  • 偽装式盗聴・盗撮器

現在知られている盗聴器の種類として、6つの種類が存在します。

一番多く普及している盗聴器は、アナログ式盗聴器で、この盗聴器はアナログ波を発信するタイプの盗聴器です。

アナログ式盗聴器が盗聴に使われる頻度が高く、発見もそこまで難しくはありません。しかし、盗聴器の種類によっては、発見が困難な盗聴器もあります。

アナログ式盗聴器以外の、それぞれの盗聴器の特徴について紹介したいと思います。

盗聴器が自宅や会社のオフィスに仕掛けられていたとして、盗聴器を発見するには、それぞれの盗聴器に対応した方法で探す必要があります。

一般的な盗聴器の発見方法と高性能発見器

一般的な盗聴器の発見方法として、広帯域受信機を使って、盗聴器が発信する電波を傍受するという方法があります。

しかし、この方法では、リモコン式盗聴器や偽装式盗聴器を見つけることはできません。

リモコン式盗聴器や偽装式盗聴器を見つけるためには、高性能発見器などの特殊な機材が必要となります。

こうした特殊な機材は、一般の人には扱いが難しかったり、盗聴器発見業者でも一部の業者しか所有していません

そのため、盗聴器の種類によって別の発見方法が可能な探偵業者を探し、発見できる盗聴器の種類にはどれがあるのか、業者に確認を取ってから盗聴器の発見調査を依頼する必要があります。

盗聴・盗撮を心配される方は、盗聴器の種類とその特徴、そして盗聴器発見業者が所有する機材に注意して、盗聴器発見調査の依頼から予防方法を検討するようにしてください。

デジタル式盗聴器には、携帯電話(フィーチャーフォンやスマートフォン)を改造して、携帯電話の電波を使用する盗聴器もあり、デジタル盗聴器が仕掛けられると、どこからでも盗聴した音声を聞くことができます

最近の街角の電波状況からは従来のアナログ式盗聴器が殆んどは、電波を受信できる有効範囲が50m~100mと比較的狭い範囲でしか盗聴した音声を聞くことができませんでした

しかし、ごく一部のデジタル式盗聴器は携帯電話を改造している物が多いため、携帯の電波が届く場所ならどこからでも盗聴した音声を聞くことができます。

また、デジタル波は高度に暗号化されているため、広帯域受信機などの盗聴器発見器を使って電波を検知することはできても、その内容を確認することができません。

そのため、デジタル波が発信されていても、盗聴電波かどうか確かめることが出来ないのです。

盗撮カメラの設置場所

天井に盗撮カメラ・盗聴器

まずは、室内での盗撮カメラの設置場所について確認しておきましょう。

意外に思われるかもしれませんが、多いのが、天井の設置です

天井に穴が開けられている場合、肉眼では確認できないため、絶好の設置場所なのです。

天井に盗撮カメラを設置することで、部屋の中を一望することができます。

また、天井に穴を開けて設置するのではなく、丸い火災報知器型のカメラを取り付けるという方法もあります。

天井に丸い火災報知器型のものがあっても、人は不自然だと感じず、盗撮カメラだと疑われない場合も多いのです。

実用品を装った盗撮カメラ

近年、インテリアに自然と溶け込むような形状をした盗撮カメラが多数販売されています。

置き時計型カメラや、電球型カメラ、なんていうものもあります。

電球で明るく照らしながら盗撮を行うというものです。

こういった実用品を装った盗撮カメラは、簡単に日常生活に忍び込んできます。

というのも、置き時計型の盗撮カメラであれば、あなたの部屋に侵入しなくとも、あなたに渡しておくだけで盗撮をすることができるためです。

それほど親しくない人から、プレゼントを受け取った場合には、安易に受け取らない方がよいでしょう。ぬいぐるみなどのプレゼントも同様です。

空き箱や段ボールなどに盗撮カメラを設置されるケースもあります。

盗撮カメラが仕掛けられたことをいち早く気がつくためにも、部屋の整理整頓はこまめに行いましょう。

中でも多いのがトイレなどのプライベートな空間での盗撮カメラ設置です。

目的は、女性の下着や猥褻画像を撮影するためです。

手持ちのスマホで盗撮

手持ちのスマホで盗撮をしようとしている人もいます。多いのは、階段やエスカレーターです。

女性の下着を狙ってミニスカートの女性の後ろにぴったりとくっついて盗撮しようと企んでいる人もいるのです。

近年は、超小型の盗撮カメラを、革靴の中に仕込んでいるという人もいて、なかなか盗撮が見破りにくい環境になっています

【盗聴器・盗撮発見調査】探偵調査概要

盗聴器・盗撮発見調査携帯電話、GPS,無線によって位置情報の送信、画像、音声、他種多様な情報が飛び交う現代社会、携帯電話、GPS、GPSロガー、盗聴器、盗撮器、携帯電話侵入型盗聴無線型カメラ、最近の注目はソフトやアプリを利用した盗聴、盗撮それらを使った悪質な嫌がらせ、いじめ、ストーカ、などの被害が報道紙に書かれており、年々増加傾向にあります。

 

プライバシーを守るのも困難な時代になっております。

小林愛子調査室では、第三者からの盗撮、盗聴器からプライバシーを防ぐ事が出来る盗聴電波外部に漏えい防ぐ事が出来る最新型機器導入しました。従来のタイプはパワー不足で実用レベルではありませんでしたが、今回、高性能型ハイパワー盗聴、盗撮器発見に威力発揮します。もしも、又仕掛けられたら、無線カメラなど電波遮断、妨害、抑止する装置も取り扱っております。

調査の料金表

盗聴器・盗撮発見調査の料金表(税込み)

調査対象 盗聴器調査 盗撮調査 セット調査
ワンルーム 盗聴器 ¥33,000 盗撮 ¥33,000 セット ¥49,500
3DKタイプ 盗聴器 ¥44,000 盗撮 ¥44,000 セット ¥60,500
平屋一戸建て 盗聴器 ¥49,500 盗撮 ¥49,500 セット ¥71,500
2階建て 盗聴器 ¥60,500 盗撮 ¥60,500 セット ¥82,500

※税込で表示されています。
GPS発見調査も承ります。

    ※発見調査項目ついて

  • アナグロ式周波数帯 FM、VHF、UHF帯周波数全域詳細に調査します。
  • デジタル式周波数 800Mhz~6,000MHZまでの周波数全域に調査します。
  • デジタル式盗聴可能性 電波を発しない盗撮カメラ等を詳細に調査します。
  • 電話回線、電灯線、及びコンクリートマイク盗聴の可能性を検証します。

メールお問い合わせ
0120253237