お客さまの声08 旦那と浮気相手の2ショット写真

お客様の声 探偵浮気調査

調査地域 静岡 女性 30代 主婦

昨年大晦日に夫の行動予定がわかり、スマホで探偵屋さんを検索して、数件の中で最も対応が良かった小林愛子探偵調査室へ依頼しました。
事務所にお訪ねして面談していただき、打ち合わせして依頼しました。
建物は少し古いですが、事務所の中は明るく、整理整頓されていました。急な相談でしたが落ち着いた雰囲気で安心して話すことができました。
結果は、やはり黒でした。報告書には初詣中の旦那と相手の2ショット写真が数十枚、綺麗に撮れていました。さすが、プロの眼と感じました。
頼んで良かったと思って気持ちもスッキリしました。探偵事務所に感謝です!

探偵や興信所による浮気調査とは?証拠写真のポイントも紹介!

 

あなたは、交際相手や配偶者が浮気をしていることが分かった時、どうしますか?

 

本人を問い詰めても、はぐらかされたり、逆ギレされたり、場合によって逆に疑われてしまうこともあるでしょう。

あなたは何も悪くないのに、相手の態度を見てあなたが感情的になり、暴力を振るってしまい立場が悪くなってしまったケースもあると聞きます。

 

相手に浮気を認めさせるには、何よりも証拠を掴むことが一番です。

 

今回は、プロによる浮気調査についてポイントをご紹介します。

証拠写真の必要性や証拠となる写真の基準などを、探偵の目線から詳しくお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

探偵や興信所による浮気調査とは?

 

探偵や興信所が行う浮気調査は、対象者を監視したり写真を撮ったりするだけではありません。

探偵は対象者を監視・記録しながら証拠となる写真を撮り、浮気相手の氏名や住所、さらには浮気相手の職場なども徹底的に突き止めます。

 

途中で見失わぬように複数名で調査するのが一般的ではあるものの、対象者に気付かれてしまうリスクも考慮し、臨機応変に2~3名程度で調査しています。

 

調査が終わり次第、早急に報告書を作成してご依頼主様へ提出するため、ご依頼主様は報告書を見るだけで対象者や浮気相手のことが分かります。

 

ご依頼主様と対象者が結婚している場合は、報告書を活用いただき、慰謝料請求の証拠として弁護士に渡すなど、離婚を有利に進めることが可能です。

 

ここからは、探偵による浮気調査の調査方法を紹介していきます。

 

 

浮気調査|尾行

 

都会の地域では交通手段が多数あるため、特に人混みや繁華街では見失うリスクも高いのが特徴です。

地方の特徴は、交通手段が少なく、街並みも見通しが良いことです。都会と比較すると対象者に尾行がバレる可能性が非常に高く、経験やスキルが必要になります。

 

いずれにせよ、たとえ調査中に予期せぬトラブルが起きてしまっても、尾行は止められません。対象者との位置関係を瞬時に把握し、その場の調査員がどうすべきか判断し、尾行を続行する必要があります。

 

そのため尾行するためには、対象者の行動範囲に関する地理感覚や土地勘も必要となります。

 

 

浮気調査|張り込み

 

浮気調査で、配偶者が浮気している可能性がある場合は、まず張り込みです。

たとえば対象者が勤めている場合は、終業のタイミングに合わせて会社から出てくるところを張り込んで待ちます。

対象者が勤めていない場合は、自宅を張り込み、外出したり浮気相手を招き入れたりするタイミングを待ちます。

 

張り込みをして、対象者が浮気相手と連絡を取り、浮気相手に会いに行くなど、行動を起こすタイミングを待ちます。

もちろん対象者に勘付かれてはいけないため、張り込み場所がどこであろうと、その場所に合わせてバレないように張り込みます。

 

そして対象者が行動するときや密会するところの写真を証拠として押さえます。

 

 

浮気の証拠になるもの

 

特に対象者の浮気を証明できるものを2点ご紹介します。

 

浮気相手との不貞行為につながる写真

 

性交渉をしている瞬間の写真が理想ではあるものの、難しい場合は「相手と肉体関係があると判断できる写真」を証拠として押さえる必要があります。

 

浮気が推測できるレシートや通話履歴など

 

対象者が外出先や滞在先でレシートを捨てる場合は、探偵が回収しますが、時には、タイミングを見計らってご依頼主様が証拠を掴むことも必要です。また通話履歴は、対象者が消してしまう場合もあります。探偵からの報告をもとに、タイミングを見計らって押さえましょう。

 

 

浮気の証拠写真のポイント

 

せっかく沢山の写真が撮れたとしても、その写真が証拠になりえないのでは意味がありません。探偵が浮気調査で証拠写真を撮る時に意識しているポイントをご紹介します。

 

正しい時間が記録されている

 

写真を撮るときに時間が分かるというのは非常に重要です。

対象者が浮気相手とホテルや自宅など、どこかに滞在している場合は滞在時間も記録する必要があります。

 

せっかく写真が撮れても時間が正しくない場合は、証拠として不十分になってしまいます。

 

写真の時刻と実際の時刻が異なる場合は、証拠能力が低くなってしまい、場合によっては効力がないことも。

そのため浮気調査を開始する前はもちろん、撮影前にカメラの時間設定が正確か確認する必要があります。

 

 顔がハッキリ分かる写真

 

浮気調査の証拠写真は、写っている人が誰か証明できることが必須条件です。

 

せっかく押さえた証拠写真がピンボケしてしまっていたり、後ろ姿のみだったりする場合は証拠とならないため、なんとしても顔がはっきり分かる写真を撮る必要があります。

 

対象者がどこかの建物に入っていく際に、入って行く時の後ろ姿と出てきた時の正面写真の2枚があれば同一人物である証拠となるだけでなく、滞在時間も証明することが可能です。

 

場所が分かる写真

 

たとえ顔がわかる写真でも、場所が分からなくては浮気調査の証拠としては不十分です。

ラブホテルの場合は看板や景観も映るように撮影し、その他の場所では、同じ場所に2人で出入りする写真が必要になります。

 

 

浮気の報告書でできること

 

浮気調査で、配偶者の浮気が明らかになれば、ご依頼主様は報告書を使って、さまざまな行動を起こすことができます。その中でも特に多いのが下記の2点です。

 

✓ 配偶者との離婚

✓ 配偶者と浮気相手へ慰謝料請求

 

探偵はただ調査するだけでなく、ご依頼主様が報告書を利用することを念頭に、これまで紹介したことを踏まえ正確な報告書をお作りします。

 

 

 

探偵による浮気調査は小林愛子調査室へ

 

小林愛子調査室は、日本調査業適正協議会に加盟している探偵事務所で、静岡で調査探偵業務歴36年以上の実績を誇ります。

 

調査員は訓練を受けただけでなく、

 

▶︎結婚

▶︎浮気調査

▶︎人探し

▶︎行方

▶︎家出人捜査調査(家出所在調査)

▶︎身辺調査

▶︎素行調査

▶︎盗聴器・盗撮発見調査

▶︎人事雇用調査

 

上記のような数多くの調査で培った経験とノウハウを兼ね備え、業界でもトップレベルです。

36年間積み上げてきた確かな調査力で確実に証拠を掴み、ご依頼主様の要望にお応えします。

 

また調査料金は全て適正で『明朗会計』です。調査に必要な全ての料金を提示し、納得の上で調査させていただくので、ご安心ください。

 

さらに当社は、24時間365日対応しております。

今あなたが抱えている問題やトラブルは、悩む前に先ず一度、小林愛子調査室へご相談ください。

メールお問い合わせ
0120253237