浮気・不倫調査

浮気・不倫探偵調査

浮気・不倫調査

浮気・不倫調査は、夫や妻といった配偶者を中心にパートナーの素行を調査し、浮気・不倫の証拠を収集し保全します。

プロの探偵調査員が追跡尾行や張り込みを行い、離婚裁判でも有効な確固たる証拠を押さえます。

浮気・不倫の兆候

もしも「最近、夫や妻の様子がおかしい」と感じた時、浮気や不倫が疑われる時、気が気ではありません。

旦那さんや奥さんのLINEをチェックすることで、ある程度浮気をしているかどうかを確かめることは可能です。但し、明確な浮気の証拠を掴み取ることは難しいです。

たとえ浮気の兆候を見つけたとしても、明確な証拠がなければ旦那さんや奥さんは決して認めることはないでしょう。

逆に今まで以上に用意周到に浮気をするかもしれません・・・

プロの探偵調査員があなたに代わって浮気・不倫の証拠を収集

明確な証拠を掴み取って浮気を止めさせたいと考えているなら、当事務所に相談することをおすすめします。親切、丁寧に相談員がサポートしてくれます。

プロの探偵調査員があなたに代わって、旦那さんや奥さんの浮気・不倫の証拠を収集してくれます。

お互いに愛し合って結婚したとはいえ、やはり夫婦は人間でありますから何らかの理由を持って離婚してしまう人も多く存在しています。

その離婚手続きが円満に進むことができれば何の問題なく新たな生活を送ることができるようになりますが、全てのケースがスムーズに行くわけではなく、離婚するまでにいくつかの揉め事が発生する夫婦も少なからず存在します。

調査報告書は離婚の証拠になるか?

調査の結果をまとめた報告書は、裁判などで利用できる証拠として扱う事が出来るか?というご質問をよく頂きます。

証拠になるかどうかは、どれだけ具体的な事実の裏付けになっているか、信ぴょう性の高い情報となっているかが重要です。

小林愛子調査室は昔から、直接証明できる明確な証拠撮りを得意としております。
さらに、間接的な証拠資料を集めて報告書にまとめている為、弁護士会の方々から信用の評価を戴いております。

【浮気・不倫調査】探偵調査概要

素行調査「最近、夫の帰りが遅い」「妻の様子がおかしい」「子供の化粧が濃くなった」など、夫、妻、家族、友人の気になる行動はありませんか?

自分一人では解決しがたい問題も、探偵社による素行調査を行い、相手に気づかれることなく解決に結びつけます。

素行調査とは、気になる相手に対して行動の調査を行うことですが、張り込み、聞き込み、尾行、などを行いながら、
相手の行動パターンや生活パターン、交遊関係や浮気の実態などを把握し、特定する調査です。

浮気調査の事例

家族・恋人等がいつ、どこで、誰と接触を持ち、どの様な行動をとっているのか詳細に調査します。又、相手人物の身元も判明します。

浮気調査と料金の事例紹介

調査事項 夫の特定人物同居について…依頼者:妻より

  • 仕事:公務員
  • 調査時間:夕方6時~夜12時
  • 調査日数:木・金・土の3日間

現在、夫は単身赴任で横浜でアパート暮らしをしているが、同居人がいる感じがするとの事で調査依頼を受ける。
(静岡⇔横浜間)

調査概要

  1. 夕方6時、夫の職場近辺にて張り込み開始。
  2. 7時、同僚と別れ電車で帰宅する様子。
  3. 8時、アパートに到着するが、すでに部屋の灯りがついているのを確認。
  4. 2日目、早朝出勤、部屋から疑惑の女性と出勤する様子を確認。
  5. あとは夕方の帰宅チェックと証拠写真をおさえる。
  6. 3日目、疑惑女性の身元割出し、情報を得る。
調査料金
  • 調査日数 ¥285,000=3日間(5時間制)
  • 出張費用 ¥22,000
  • 合計費用 ¥307,000(税抜)

※上記料金の内から、調査基本料金(着手金)として¥30,000~ほどを前払いで頂きます。

浮気・素行の探偵調査については対象人物の行動及び、目的によって期間や料金が大きく変わってきます。
生活パターンや行動パターンなどがわからないと、調査開始から調査終了までの間、尾行及び張り込み調査を続けなければなりませんので、当然調査料金も高額になってまいります。

浮気・不倫調査実例(ご依頼からご報告までの流れ)

浮気・不倫調査実例(ご依頼からご報告までの流れ)

1 浮気調査までの流れ

電話である程度調査の内容をお話し頂き、改めて当事務所に来て頂く事になりました。
先ずは、相談室でご挨拶して、相談カードでの記入させて頂き、そこから50分程度お話させて頂きました。

相談者は50代前半のパート勤めされている4人家族の主婦です。

内容を要約すると、旦那(50代後半)は公務員で朝7時過ぎには車で出勤して、午後6時には帰宅するとの事。真面目な旦那さんという印象を受けました。

そんな旦那に不安を抱いたきっかけは、スマホの扱い方です。最近、常にスマホを離さず、お風呂に入る時まで持ち歩く様子。愛犬の散歩にもスマホを持参していたそうです。

ある日、旦那がお風呂に入っている時、テーブルの上に置いていたスマホがなっていました。さり気なく見たら、ハートマーク付きのラインのメッセージが流れて来たのです。

風呂上がりの旦那に聞いてみたら、まともな返事はありませんでした。最近は警戒したのかロックを掛け始めた様子。

休日の行動が怪しい日をチェックして、思い切って素行調査の依頼を決意に至ったとの事です。

2 調査結果及び所見

指定された依頼人の予定を3日間頂きました。

下見調査で内容を分析して、当日は調査員2名、車両2台体制で、本人の車両を尾行、監視、調査を行うことに。

結果はやはり、黒。

早速報告書の編集作業に入り、最終日から5日で報告出来る状況になりました。
相談者に改めて来社頂き、報告書の説明をします。
報告書には無い内容も、調査員が目に入った出来事をお話させて頂きました。
相談者は多少の望みで旦那さんを信じていたのか、報告書を見て、涙目の様子でした。

やはり、裏切られた気持ちで一杯一杯だったと見受けられました。しかし、真実は一つです!今後についても、専任弁護士への紹介など、検討して改めて連絡しますとの事でした。

素行調査(追尾・尾行・張り込み調査) 料金表

「明朗会計」ガラス張りの料金制度をモットーに営業しております。弊社では契約書で交わす金額以外の請求は一切ございません。お約束をさせて頂きます。

料金プラン 期間・時間 料金 備考
ライトプラン 素行調査5日間 ¥34,000 GPSでの行動監視
Aプラン 時間制限あり 1日間/5H ¥85,000 延長1H/¥10,000
Aプラン 時間無制限 1日間/無制限 ¥120,000 延長料金無し
Bプラン(証拠撮り)時間制 3日間/5H ¥285,000 延長1H/¥10,000
Bプラン(証拠撮り)時間無制限 3日間/無制限 ¥320,000 延長料金無し
Cプラン(お任せ、証拠撮り) 6日間/無制限 ¥580,000 身元割り出し調査含む
Dプロプラン 30日間日程 別途お見積もり

価格表記は全て税抜き価格です。

ライトプラン

素行調査5日間=¥34,000

調査員、報告書は出ません。依頼人からのお問い合わせに対応して現在の車両位置情報(GPS)のお知らせ場所の確認作業です。

レギュラープラン(お得なプラン=基本料金無し)

対象人物の行動をある程度把握していれば、調査時間帯が短くて済みます。比較的安価で収まります。

Aプラン

  1. 1日間/5H=¥85,000 延長1H/¥10,000
  2. 1日間/無制限=¥120,000 延長料金無し

案件により短時間での可能性がある方は、お問い合わせください。

自宅を出てから帰宅するまで相手の行動を開始してから終るまでの間、尾行及び張り込みを続けなければならない時、
不透明な方にお勧めなプランです。

Bプラン(証拠撮り)※対象者の身元割り出し調査可

  1. 3日間/5H=¥285,000 延長1H/¥10,000
  2. 3日間=無制限¥320,000 延長料金無し

自営なので自由の時間が多い為、いつ外出するか、いつ浮気相手と会うかわからない、相手側に慰謝料請求目的で数回の証拠が欲しい人。浮気調査はお一人ごとの方法があります。当然、調査料金も人によって様々になってきます。御依頼者の御予算に応じて、最善の方法を提示いたしております。お気軽に御相談下さい。

Cプラン(お任せ、証拠撮り)※対象者の身元割り出し調査含む

6日間=無制限¥580,000

既に夫婦生活がなく、別居状態が続く状況などに適しているプランです。
又遠方の調査にも最適です。

Dプロプラン 30日間日程 調査の難易度を選択し別途お見積もり用意。

ご相談の内容の対象者が複雑な経歴での過去の遡り難事件を解決に導く丁寧な対応調査を長期間体制で望む。遠距離間での調査による日程に最適です。

上記の料金に、含まれているもの

(1) 下見調査
(2) 車両1台・調査員1名~2名
(3) 調査機材使用料(GPS・カメラ・DVD等)
(4) 報告書=裁判使用可能(調書・証拠写真・ビデオ・資料)添付
(5) 調査後のご相談(顧問弁護士等の紹介)
*上記料金他、遠方及び宿泊・旅費等は、実費申し上げます。

*年末・年始・ゴールデンウィークは、特別料金になります。

※素行調査については、調査の目的によって期間や料金が大きく変わってきます。

※遠方での調査になる場合、宿泊・交通費等は別途負担となります。

生活パターンや行動パターンなどの規則性に対する調査、浮気、不倫の証拠調査、などそれぞれに応じますので、
まずは弊社スタッフまでお気軽にご相談ください。

浮気・不倫裁判になるケースについて

1.貞操義務(不貞行為)に違反した場合

まず一つ目はパートナーが貞操義務に違反した場合です。民法には『配偶者に不貞な行為があった場合離婚の訴えを提起できる』と記されています。
この条文により、貞操義務違反は損害賠償の対象になります

2.夫婦関係が破綻していないケース

次に、夫婦関係が破綻していない事が挙げられます。
別居などにより既に夫婦関係が破綻していた場合は、不貞行為が慰謝料の請求対象になることはほとんどありません。

3.不貞行為の時効が成立していないこと

さらに時効の存在が挙げられます。日本の法律では不貞行為を知ってから3年、または不貞行為があってから20年経てば時効が成立します

4.不貞行為の証拠を掴むこと

そして、証拠があることも条件の一つになります。裁判で勝つためには不貞行為を立証できる証拠が必要で、たとえパートナーが浮気をしたことが事実であっとしても、その証拠がなければほぼ負けてしまいます。

自分で証拠を集めることが可能であるならば何も問題はないのですが、あなた自身で証拠を掴み取ることができないのであれば、探偵事務所や興信所などに調査を依頼することも選択肢の一つになります。

また、当然ですが慰謝料の請求権を放棄していないことも条件になることも覚えておいて下さい

無料で弁護士を紹介してもらえます

上述しているように、パートナーの不貞行為から慰謝料を請求するためには、これらの条件をクリアする必要があります。

パートナーが浮気をしていて悩んでいるのであれば、一度、小林愛子調査室に依頼をしてみてください。
担当スタッフが親切丁寧に対応してくれます。また、調査終了後、裁判手続きを検討する際には信頼できる弁護士を無料で紹介してもらうこともできます。

メールお問い合わせ
0120253237